FC2ブログ
次のページ
未経験からJRA厩務員の養成学校「馬の学校 東関東馬事専門学院」が、計27頭の競走馬をレースへ。計19勝(賞金3171万円)の獲得で、利益を学費還元。授業費50%/最大189万円免除で来年度生徒募集へ


「馬の学校 東関東馬事専門学院」☆
みなさんは、ご存知ですか?

馬業界に対して、即戦力になる人材を養成する馬の学校で、
競走馬の馬主でもある株式会社 馬事学院が運営する、
国内最大規模の馬の従事者を育てる人材育成学校なんですよ。

これまで、さまざまな実績があるので、
既にご存知の方は多いかもしれませんね。

今回、こちらの東関東馬事専門学院の生徒さんが手がけた競走馬
計27頭がレースへ出走したそうです♪

私もさっそく詳細を見てみたのですが、
平成30年1月~12月まで全365レースへ出走したそうで、
1着19回、2着23回、3着27回だったそうで、
獲得賞金はなんと!3171万円だったそうです♪

そして、
今回の獲得賞金の純利益の一部を、馬業界就職支援として、
「未経験からJRA厩務員や地方競馬の厩務員、
牧場などでの馬の仕事を目指す若者に対して、
1名あたり最大189万円の授業費を免除」する制度を取り入れて、
本日平成31年1月22日から、
2020年4月生の新規募集を開始したとのこと!

これは、とっても素晴らしいことですよね。

生徒さんが手がけた競走馬がレースで得た獲得賞金。
その利益を学費として還元するというのは、
とても大きな取り組みだと思うし、
人材不足で悩んでいる馬業界にとっても、
人材不足解消に向けての取り組みということで、
大きな期待も持てるものだと思います。

そして、
最大の魅力は、
馬業界で働きたいと考える学生さんにとっても
将来の夢を目指しやすい環境が整うという点です。

馬事学院の今後の取り組みは、
これからますます注目度が高まりそうです。

只今、2020年4月生に向け、
オープンキャンパスを開催しているとのこと。

興味をお持ちの方は、ぜひ詳細を確認してみてはいかがでしょうか。


未経験からJRA厩務員の養成学校「馬の学校 東関東馬事専門学院」が、計27頭の競走馬をレースへ。計19勝(賞金3171万円)の獲得で、利益を学費還元。授業費50%/最大189万円免除で来年度生徒募集へ

ドリームニュース・ブログメディア参加記事



スポンサーサイト

【2019/01/22 17:33】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
AI技術で、リアル店舗の客層や行動を分析・見える化。 1月23日(水)~25日(金)「SCビジネスフェア2019」で、AI分析サービスを体験。




株式会社パルコのグループ会社である
株式会社パルコデジタルマーケティングと、
GMOクラウド株式会社が、
1月23日(水)~25日(金)に開催される
SCビジネスフェア2019のパルコグループ共同出展ブースで、
AI分析サービス「Diversity Insight for Retail」を提供するそうです♪

私もさっそく詳細を見てみたのですが、
このAI分析サービス「Diversity Insight for Retail」は、
実店舗に設置したマーケティングカメラの映像から、
AIが来店客の年齢や性別、ライフスタイルといった属性をはじめ、
購入しなかった来店客を含んだ店内行動を分析して、
見える化できるサービスなんですって。

これは、客層調査などに関する業務を行っている店舗にとって、
魅力的で、画期的なサービスだと思いました。

AIによって分析ができるので、
その調査による業務負荷を軽減することができますし、
その高精度な分析による客層データに基づいて、
売場構成や販促施策、来店客数に合わせた人員配置など、
効率よく店舗運営を進めることができますよね。

そして、今回嬉しいのは、
今回開催される、SCビジネスフェア2019で、
パルコグループのブースに設置しているマーケティングカメラの取得情報を、
分析画面で確認できること。

AI分析サービスを実際に体験できる機会はなかなかないですし、
実際に自分の目で確認し、体験できれば、
導入を検討するうえで、参考になると思います。

興味をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


AI技術で、リアル店舗の客層や行動を分析・見える化。 1月23日(水)~25日(金)「SCビジネスフェア2019」で、AI分析サービスを体験。<パルコデジタルマーケティングと、GMOクラウド>

ドリームニュース・ブログメディア参加記事





【2019/01/22 14:54】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
利用料『ゼロ円』のAWS管理ツール! AWSの運用コスト・運用負荷を軽減するオープンソース【鳴子-NARUKO-】リリース




法人向けAWS導入100社超という実績を持つ
クロスパワークラウドを運営している
株式会社クロスパワー☆

今回、2019年月1月から、
AWSの監視・運用自動化ツール、
オープンソースの「鳴子-NAUKO-」の公開を開始するそうですよ。

コチラの「鳴子-NARUKO-」というのは、
数多くのクラウドサービス提供や、
プロジェクトの実績から生まれた、
AWS運用自動化ツールなんですって。

自動監視することで、
AWS環境を快適に運用することが可能になるとのこと。

私もさっそく詳細を見てみたのですが、
さまざまな魅力がありました。

コチラの「鳴子-NARUKO-」の大きな魅力は、
低コストで利用できる点です♪

オープンソースだから、
ライセンス費用がかからないんだそうですよ。

これは、とっても嬉しいですよね♪

AWS監視や運用を行い際、
やはり気になるのはコストだと思います。

高額であれば導入するのも躊躇してしまうと思いますが、
コチラの「鳴子-NARUKO-」なら、
低コストで利用することができるので、
安心して導入することができますよね。

また、監視項目を増やすなど、
カスタマイズも自由にできるし、
操作をする際も、専門的な知識が不要で、使いやすいという点も
魅力のひとつだと思います。

低コストでAWS監視や運用を可能にしてくれる
AWS運用自動化ツールの【鳴子-NARUKO-】

これからますます注目を集めそうですね♪

興味をお持ちの方は、ぜひ詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

利用料『ゼロ円』のAWS管理ツール! AWSの運用コスト・運用負荷を軽減するオープンソース【鳴子-NARUKO-】リリース

ドリームニュース・ブログメディア参加記事




【2019/01/22 14:00】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オススメリンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索


| ホーム | 次ページ>>